《最新情報》

ぼくの著書『お父さん、牛になる』が、福音館書店より発売中。
Amazonはこちらです。
お父さんが牛になる話。ささめやゆきさんの絵が良すぎる。

『お父さん、牛になる』おかげさまで重版かかりました!
執筆、出演依頼等は随時受付中。メールフォームからどうぞ。


2015年08月10日

参加したアンソロジーが出ます

まーたひさしぶりの投稿です。猛暑な日本ですがお元気ですかみなさん。

さて、ご縁があって、とあるアンソロジーに一篇寄せさせていただきました。

妖フライヤー添付用.jpg

「妖」を共通テーマにした、10人の作家による競作短篇集です。
ぼくは『漫才』というタイトルの作品を寄せています。われながらめっちゃくだらない作品です。これはべつに卑下してるわけではなく、「ナンセンス万歳!」と胸を張って言ってますので、文字どおりの意味でご笑覧くだされば幸い。せっかくいろんなタイプの作品があるアンソロジーだから、こういうある種「刺身のツマ」的なものを挟むことで豊かになるだろうというバランスを狙ったり狙わなかったりしたりしなかったりしました。むろん、こんな感じの短篇こそむしろ好きだという人がいればそれはもう望外の喜びですしね。

発売は8月下旬です。詳細は版元である翠琥出版さんのホームページでご確認ください。Amazon独占発売とのことで、Kindle端末、あるいはKindleアプリ(アプリ自体は無料ですよ)をダウンロードいただき、電子書籍としてご購入いただければと思います。紙媒体としてはのちのちオンデマンド版も予定しているそうですが、その点も版元のホームページでいずれ案内があるかと思いますのでご確認ください。

ちなみに、参加作家であるしかをかしさんの作品をボイスドラマとしてアレンジしたものが、コマーシャル動画としてYouTubeに上がっています。こちらも合わせてどうぞ!

posted by 晴居彗星 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 宣伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。