《最新情報》

ぼくの著書『お父さん、牛になる』が、福音館書店より発売中。
Amazonはこちらです。
お父さんが牛になる話。ささめやゆきさんの絵が良すぎる。

『お父さん、牛になる』おかげさまで重版かかりました!
執筆、出演依頼等は随時受付中。メールフォームからどうぞ。


2014年07月05日

『はなむけ』

※海外へと移り住む朗読仲間にむけて書き、本日壮行イベントで披露したもの。
たぶん、これ以降読む機会は(少なくともこのままの形では)ないだろうなと思ったので、長らく作品的なものを投稿してなかったこのブログに転載しておこうかなと。

『はなむけ』

はなむけのことばとはいえ しょせん いちやづけだから
あさづけのできばえだと かたづけられてしまいそうだけど
それでもこのたわむれをあなたに ぬけぬけとささげてしまおう
かたむけてほしい そのみみを あなたにむけたこのことばに

おきぬけのねぼけがおでうまれ あかぬけぬ かこからとびでて
あまたをだしぬいてきりぬけてかけぬけて たどりつけたこのげんざいで
あなたがぶつけてくることばは たしかなるしょうさんをうけ
かけつけたひとびとはつよくはじけ そこぬけにおおうけにばかうけ
そのこえはときにひとをたすけ ときにはつよくゆうきづけ
けれど てなづけられず なづけられもせず
ささやくようなねいろでかたりつたえられるそのふうけい
そのしずけさのなかでつねに ほのかにかがやけるのは
あさやけににたじょうねつと ゆうやけににたきょうしゅう
そしてくらやみからもめをそむけず あんいなみちへとじぶんをしむけず
おのれとむきあった さけぬいとを つよくつむぐからこそうまれた
かけねなくうつくしいしと いろあせぬそのじょうけい

それをわれわれはむねにうけ こころのおくそこにもらいうけ
いつのまにか あなたにくびったけ
ぬすっとたけだけしいとはおもいつつも
それにえいきょうをうけて あらたなせかいをかきつけていた

そんなあなたはこれからも はなさけるみらいへとむけて
はるかなるながいたびを これからもつづけるのだろう
まだうけとめてみたいことばだらけだけれど それは
でんぱのうみをかきわけて おすそわけさせてもらおう

だからいまはただ ともにさけをのもう
かたむけるいっこんからささげる そのさかづきにいのちをかけて
かこのじぶんにまけぬよう あけくれていきるちかいをかかげて
そのとき われわれはあなたと はなとはなをつきあわせている
たがいのはながむきあう そのことばこそが ほんとうのはなむけだ
きたるあしたへまえをむけ すぎさりしひびもときにはふりむけ
いずれにしてもまるいほしのうえにそんざいしている ただそれだけで
あなたとわれわれは いつだって はなをむけあっているのだ
posted by 晴居彗星 at 23:24| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひらがなだと
一度頭の中で漢字に変換する作業があって
まるで外国語みたいに難解な言語だなと
思いましてん。
Posted by otaki at 2014年07月29日 00:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/401093809

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。