《最新情報》

ぼくの著書『お父さん、牛になる』が、福音館書店より発売中。
Amazonはこちらです。
お父さんが牛になる話。ささめやゆきさんの絵が良すぎる。

『お父さん、牛になる』おかげさまで重版かかりました!
執筆、出演依頼等は随時受付中。メールフォームからどうぞ。


2012年04月22日

千葉詩亭行ってきました/『お父さん、牛になる』書店にならびはじめてます

昨日は千葉詩亭にしずくろんで出演してきました。新作ふたつをふくめた4篇の作品をやりました。ご来場くださったみなさん、ありがとうございましたー。
じつにおよそ1年ぶりのしずくろん名義でのステージでしたが、あらためて、ユニットで朗読をする強みやおもしろさを感じた気がします。最近、双方の個人活動の活発化により、なかなかスケジュールのすり合わせがたいへんになってきているのですが、本公演もそう遠くないうちにやりたいなあと考えておりますし、今回のようなイベント出演などのオファーは、常にウェルカムです。

さて。ぼくの作家デビュー作となりました著書『お父さん、牛になる』ですが、都市部の大型書店であれば、ぼちぼち児童書コーナーの棚に並んでいるかなーと思います。
お父さん、牛になる (福音館創作童話シリーズ) [単行本] / 晴居彗星 (著); ささめやゆき (イラスト); 福音館書店 (刊)
お父さん、牛になる (福音館創作童話シリーズ) [単行本] / 晴居彗星 (著); ささめやゆ...

書店にならんでいるのを見てようやく、よおおおーーうやく、「ああ、ほんとうに本を出したんだな」という実感が湧いた感じです。よかった、ドッキリじゃなくて。
書いた本人としては、もちろんうれしいです。製本されたものを読めば読むほど、あれこれ思うところもあったりしますが、まあしかし、そこが舞台での朗読というナマものと、本という残るもののちがい。もちろん出来に関しては納得していますし、書いたときに持てる技術は尽くしました。あとはもう、まな板の上の鯉です。

2007年の詩のボクシングから、じつに5年。あそこから興味を持ってこのブログを見ていただいているかたの中には(そんな奇特なかたが何人いるのか心もとないですが)、書名や「家族もの」ということで、ちょっと意外に感じる人も、もしかしたらいらっしゃるかもしれません。が、第1章だけでも読んでいただければわかると思うんですが、テイストや構成の癖はかなり、言ってみれば「晴居彗星っぽい」んじゃないかなーと、自分では思ってます。当時の詩ボクでのぼくほどだらだらした口語体ではありませんが、一人称担当である主人公の悠一くんはかなり理屈っぽい性格で、思考回路や見たものとの距離の取りかたなんかは、なかなかぼくに似ているかもしれません(自分がモデルという意味ではまったくありませんが)。「冒頭で吹いたホラに責任を持つ」という点でもそうです。というわけで、詩ボクのぼくをおもしろがってくださったかたにも、変化した点や変わらない一面を楽しんでいただけたらなあと思ってます。

とにもかくにも、ぜひ読んでいただけたら、とてもしあわせ! 買った人に、末永く愛してもらえる作品になれたらいいなあと、切に願っております。
posted by 晴居彗星 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/266176819

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。