《最新情報》

ぼくの著書『お父さん、牛になる』が、福音館書店より発売中。
Amazonはこちらです。
お父さんが牛になる話。ささめやゆきさんの絵が良すぎる。

『お父さん、牛になる』おかげさまで重版かかりました!
執筆、出演依頼等は随時受付中。メールフォームからどうぞ。


2012年03月01日

あのー、本が出ます。

どうも、またもやひさしぶりの更新となってしまいました。晴居彗星です。

そういうわけで軽く告知なんですが、と言ってもTwitterではずいぶん前に言っちゃってるのですが、ええっと、あのー、ぼくが書いた本が出ます。

4月中旬に、福音館書店から『お父さん、牛になる』(晴居彗星/著、ささめやゆき/絵)という本が刊行予定です!

書き下ろしの物語の本でして、絵本よりはもう少し文章のウエイトが多めのタイプです。といっても挿絵がたいへん魅力的でして、描いてくださったのは、ささめやゆきさん。ベテランのかたでして、はじめての仕事でこのような人と組めるのはとても幸福です、ホントに。

ずいぶん前からこのブログでも「水面下で活動」「水面下で活動」と呪文のように唱えておりましたが、はい、これのことだったんですねー。いや、正直言って、はじめてのことなので、どの段階から声に出して言っていいのか、よくわかんなかったです。少なくとも、昨年の6月の時点では出版がいちおう決まってたので、そのときに言ってもよかったかもしれませんが。もうちょっと進行してから告知したほうがいいのかなー、とか思っているうちにこんな感じになっちゃいました。ま、早く言ったからどうってものでもないですしね。実際ゲラ直しとか作業も残ってましたし。本当は「はじめての本づくり」みたいなサブタイトルつけて、本作りとはどういったことをやっているのか、進行を逐一ブログで実況するってのをやってみたい気持ちも、なきにしもあらずだったんですけど(なにしろ「はじめて」は一度きりですからね)、いやでも、実際問題、やってたことはとても地味ですよ。書いては書き直しのくり返し。それ以上でもそれ以下でもないです。いろいろ勉強になりましたね、個人的には。実践こそ最大の修練というのを身をもって感じた次第です。

というわけで、現在は著者校正も終わりまして、あとは粛々と編集さんサイドの作業とか入稿とか製本とかを待っている段階です。内容の紹介については、ブツが出てきてから多少触れようかなとか思ってます。ただ、ぼくが思うこの本のいちばんいいところは、タイトルを見ればだいたい内容がわかってしまうということなのですが。

ともかく楽しみです! どうかご期待ください!
posted by 晴居彗星 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 宣伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。